シミになる原因と薬による対策について

シミになる原因には、紫外線・肌への摩擦・使用している化粧品・食べ物・体調、などがあります。

紫外線は、種類によっては細胞核まで破壊してしまい結果として、皮膚がんを発症する場合もありますが、人間の体は皮膚がんを防ごうとする働きでメラニン色素を創り出し、メラニン色素が薬のような働きをして、紫外線から肌を守ってくれています。

肌に触れている下着が締め付けている部分がうっすらとした茶色になっている場合がありますが、繊維による摩擦のためにその部分にメラニン色素が出ているためです。

これも、肌を守ろうとしてメラミン色素が薬のような働きをしてくれているからです。

化粧品の中でも、落としにくいクレンジン剤や油分を多く含んでいる化粧品を使用している場合には、化粧品の成分に含まれている香料やタール色素によってアレルギー皮膚炎をおこしてシミになる場合があります。

食べ物は、スナック菓子や甘過ぎるお菓子などを多く食べると、糖分や油分の摂り過ぎになることで、活性酸素が体内に多く発生して、体を老化させやすくなり、体内からビタミンやミネラル類が消失することで、シミが溜まることになります。

ストレスなどで、ホルモンバランスが崩れた場合にも、メラミン色素が発生して、シミが発生することがあります。

シミをとるための薬には、多くの製品が販売されています。

体内から改善するために、多くは飲み薬として販売されています。

それは、美白化粧品では肌への刺激が強いものがあるのと白斑になるリスクも取りざたされているためです。

そこで、飲み薬としてのシミ取り製品について、紹介します。

Y社の製品は、生薬・ビタミン類・アミノ酸などを多く含み、予防効果・美容効果・健康維持にも寄与するとしています。

M社の製品は、予防効果と少ない量で効き目があるとして人気の製品です。

S社の製品は、シミの予防だけでなくニキビやじんましんや湿疹にも効き、二日酔いの予防などの健康維持にも効果があります。

D社の製品は、そばかすやニキビにも効果があり、妊娠中や授乳中などのビタミンCの補給もできます。

T社の製品は、顔だけでなく、腕や背中などの全身にできたシミも改善できるというのを特徴としています。

P社の製品は、健康食品として分類されていて、メラミンの生成を抑制する効果があります。

このように、いろいろな製品がありますが、私の勧める製品は、こちらです。

シミは薬で治す

コメントはまだありません

Comments are closed.

RSS feed for comments on this post.